ホームカラー サロンカラー どっちがおすすめ 

ホームカラーとサロンカラーのメリット、メリットを徹底比較!

ホームカラー、サロンカラーどちらで白髪を染める場合も
メリット、デメリットがあります!

 

それぞれのメリット、デメリットを比較して
あなたに合った白髪染め方法を選んでみましょう。

 

ホームカラー(自宅で白髪染め)のメリット

 

・好きな時間に染められる
・簡単に染められる
・銘柄が豊富で好きなカラーを気軽に試せる

 

ホームカラーのメリットはなんと言っても手軽さですよね!?
「誰でも簡単、スピーデイー」が売りの市販の白髪染めのヘアカラー。
髪へのダメージを極力抑えられるヘアカラートリートメントやヘアマニキュア
など様々な商品は展開されています。

 

ホームカラー(自宅で白髪染め)のデメリット

 

・「誰でも染められる」ために強い薬剤を使用している(ヘアカラー)
・ヘアカラートリートメントの毎日継続はけっこう面倒
・髪が痛む
・白髪染め特有のニオイがきつい
・銘柄選びに失敗するとしっかり染まらない

 

誰でも染めれられるように強いアルカリ性が入っていたりするので
使用には注意が必要です。(頭皮や髪へのダメージが強い)

 

髪の傷みの他にもニオイや銘柄選びなどデメリットが存在します。
特に髪の傷み、頭皮の状態には気を付けましょう!

 

サロンカラー(美容院で白髪染め)のメリット

 

・薬剤を調整して髪へのダメージを少なくできる
・美容師さんのがあなたの髪の状態をみて判断してくれる
・色味のバリエーション⇒ハイライト、ローライトなど
・乳化で頭皮へのダメージを少なくできる

 

サロンでは「髪の傷みの状態をみながら白髪染めしてもらえる」
のが最大のメリットですね。
さらに市販の白髪染のようなワンパターンな色味ではなく
ハイライト、ローライトなどの色味の調整が可能なのも魅力です。

 

サロンカラー(美容院で白髪染め)のデメリット

 

・価格がホームカラーよりも高くなる
・予約や美容院まで行くのが手間
・1度、「美容院で染めたらまた行かなければ」のプレッシャーがイヤ
・どこの美容院で染めたらいいかわからない
・仕上がりに美容師の腕も関わってくる

 

サロンカラーには魅力的なメリットが沢山ありましたが・・・
価格のデメリットが存在します。

 

そして意外と大事なのが美容院選びですね!

 

染めてくれるのは「人」です。
技術や経験に個人差があるのは当たり前なので
腕がしっかりした美容師さんがいるお店を見つける必要がある。

 

【ホームカラーとサロンカラーのメリット、デメリット】のまとめ

 

さてここまでホームカラー、サロンカラーのメリット、デメリット
をお伝えしてきましたが、あなたにはどちらがオススメなのかわかましたか?

 

まだどちらが良いか決まらない場合はもう少し当サイト
のコンテンツをお読み頂ければ幸いです。

 

サイトマップ

 

最初に戻って読みなおす